作品

House of Family History

京都府宇治市 2015

大正時代の蔵が残る増改築を重ねた個人住宅に高齢者の自立的な住まいを目指した木造平屋を増築。高齢者が尊厳を持って暮らし続けるためのデザインに深慮。 ⇒ 作品紹介冊子 (PDF)


ギャラリー


宇治・又振の家

京都府宇治市 2016

親から引き継いだ想い出の住宅を耐震補強して賃貸物件に。耐震性最重視の改装を提案する一方で、新たな住み手をみつけ所有者との関係をトータルコーディネイト。

 


東山・梅林町の家

京都市東山区 2015

10年以上空き家になっていた住宅を借家として活用するための改修プロジェクト。住み手をみつけ、所有者と住み手双方の意向をヒヤリングしながら明るい住まいに。

 


レストラン東改装プロジェクト

カナダ・モントリオール 2005

鉄、ガラス、布、木材など、現地調達可能な建材だけを使い「和」の設えを実現したインテリア改装案件。お客様の意向ヒヤリングからデザイン、施工までを網羅。

 


萱島新町屋プロジェクト

(株式会社ヘキサ所属時担当作)
大阪府寝屋川市 1999

コーポラティブ方式の集合住宅プロジェクト。40 戸が一棟の長屋となり、周囲の建物と調和したスケール感と、路地や広場を配したコミュニティ空間を創出。

 


奈良・富雄M邸

(吉田保夫建築研究所所属時担当作)
奈良県生駒市 1996

建築家自らが建物の設計と施工をこなす吉田保夫のもとで担当したコンクリート打放しの個人住宅。外部面の窓・扉、バルコニーと、屋内の階段を鉄骨で自主製作。

 


作陶展インスタレーション

(株式会社ヘキサ所属時担当作)
大阪府大阪市 1997

陶芸作家の個展会場をデザイン・製作。作家本人との度重なる対話を経て、陶芸作品とコンクリート打放し空間の緊張感を表したコラボレーションプロジェクト。

 


オブジェ「パンタロン」

ノルウェー・オスロ 1999

マギル大学ペレスゴメス研究室の一員として、空港をテーマとする国際展出展作4作品のひとつを自主製作。空港の待合時に使える折りたたみ式個人用可動間仕切り。